YOSHIHISA NAKAMURA PHOTO-GALLERY & ARCHIVES

「 入魂のまいふな 」

入波平酒造(いりなみひらしゅぞう)の
『まいふな』製造工程の写真です。
与那国に行って順番を確認してきました。
彼が撮った工場見学用の製造工程写真、いまも使っていました。
カラーで結構良い写真だと思いました。

当時、まいふなのオヤジさんに
『ぼくは人を撮っています』と言っていたそうです。

追伸:「与那国にて」で、カメラをさげていた少年は二十歳になっていました。

以上、からっぱさんのレポートでした。
原文の雰囲気をできるだけ尊重しながら、
少しだけ手を加えさせていただきました。
Byザリガニ

e0268586_2048033.jpg

e0268586_20481335.jpg

e0268586_20482729.jpg

e0268586_20483964.jpg

e0268586_20485022.jpg

e0268586_2049449.jpg


以下は、入波平酒造のホームページよりの抜粋です。

 原料は米のみで沖縄独特の泡盛麹菌をつかって手造りに依り発酵させ蒸留し、
人工添加物等一切使用していない芳醇な香りと独特の風味は
東洋に誇る名酒の風格を備えています。
花酒60度は「舞富名(まいふな)」に製造許可された
純手造りの日本唯一の蒸留酒です。

舞富名(まいふな)とは
琉球王朝時代、王様は、先島諸島(宮古郡、八重山郡)の村々で
一番の親孝行者、働き者を首里のお城に招き、その者を讃え報償を与えた。
村に帰ったその者達を村人は“まいふな”と呼んで賞賛し見習った。
先島地方では、おりこうさん、親孝行、働き者などという意味で
現在も使われている。

どうでしょう、みなさんも一献!
[PR]
by robertpakya | 2012-07-10 20:51